国策推進の注目資格「雇⽤クリーンプランナー」であなたらしく働ける未来を ハラスメント社会をどう生き抜くのか、ハラスメントの過失は、あなたの大事なキャリアと未来を台無しにしかねません。 パワハラに関する相談件数は2年で約3倍!・ハラスメントを巡るトラブル件数増加・国の厳罰化の流れ(罰金などの制裁措置)・ハラスメント相談窓口設置義務の対策強化 昨日の被害者は今日の加害者になるリスクもある。令和はハラスメントと向き合う時代です。
講座構成 雇用クリーンプランナー 資格取得までの期間
資格取得は、受講から最終テストまで全てオンライン上で完結。すきな時間にスマホでOK
資格取得は、受講から最終テストまで全てオンライン上で完結。すきな時間にスマホでOK
研修講座受講料99,000円(税込)
ハラスメントリテラシーを⾝につけたプロフェッショナルとして全国で活躍しています。有資格者は全国で500名を突破しました。雇用クリーンプランナーの活躍 受講者の声 一般社団法人クレア人財育英協会のミッションは「ハラスメントをゼロにする」雇用クリーンプランナーであなたらしく働ける未来を応援します。メディア掲載実績
クレア人財育英協会
プロモーション動画
雇用クリーンプランナー講座
実講義動画

雇用クリーンプランナーとは何ですか。

雇用クリーンプランナーは、一般社団法人クレア人財育英協会が主催している資格です。企業内の労働トラブル・ハラスメントリテラシーを育成し、職場における労働トラブル、ハラスメントを予防することを目的としています。

労働トラブル相談士と同じ資格ですか?

労働トラブル相談士の内容をよりバージョンアップさせて「雇用クリーンプランナー」として生まれ変わりました。

ハラスメント相談窓口の設置義務化は何ですか?

2020年6月1日に施行された改正労働施策総合推進法(パワハラ防止法)により、企業には「ハラスメント相談窓口」の設置が義務化されています。中小企業についても、2022年4月1日より義務化されています。 ハラスメント相談窓口とは、職場でのハラスメントに関する相談を受け付け、適切に対応するための窓口です。ハラスメント相談窓口の設置義務化は、ハラスメントの未然防止や早期発見・解決を図るための重要な取り組みです。 講義では、労働者からの相談に適切・柔軟に対応するため、ハラスメント窓口設置時のポイントについても学習することが可能です。 ・事前の設置と周知: ハラスメント相談窓口を事前に設置し、労働者に対して就業規則、社内報、リーフレット、掲示物などを通じて周知する ・相談のタイミング: 労働者が周囲に違和感を持たれないよう、休憩時間や終業後の時間帯を利用する ・相談内容の範囲: ハラスメントが明確に起きている場合だけでなく、微妙なケースや人間関係のトラブルについても幅広く相談を受け付ける ・担当者の姿勢: 相談者に寄り添い、話をしっかりと聴き、受け止める姿勢を持つ

雇用クリーンプランナーは国家資格ですか。

雇用クリーンプランナーは一般社団法人クレア人財育英協会が主催する民間資格であり、国家資格ではありません。

人材開発支援助成金